2015(中華⺠国暦104)年2月9日、台湾政府 経済部より、「鞋類商品標示基準」の改正が発表されました。
 今回の改正の主な理由は、加水分解で劣化してしまうポリウレタンを靴底に使用した製品に対して、製造年月、使用方法、注意事項の表示を必須化し、消費者が購入する際に、情報を提供できるようにするためです。
 詳細は、以下のPDFをご参照ください。