2015(中華民国暦104)年9月1日より、台湾で販売する子ども用レインコートが、BSMI(検験局)の検査対象品となり、検査申請および、商品本体、下げ札、パッケージのいずれかに商品検査マークの表示が必要となります。
 詳細は、以下のPDFをご参照ください。