平成27年7月21日(火)付けで、繊維製品の抗菌性試験方法 JIS L1902 が改訂となっております。今回の改訂は ISO20743:2013 との整合性を高めるためのものとなっており、主な改訂点は以下の通りです。

表1. JIS L1902 の主な改訂箇所
改訂箇所旧JIS新JIS解説
活性値の種類静菌活性値
殺菌活性値
抗菌活性値旧JISの静菌活性値と新JISの抗菌活性値は同等のデータとなります。殺菌活性値は廃止となります。
活性値の計算手順生菌数の常用対数の平均からの算出生菌数の平均の常用対数からの算出新JISでは試験成立条件として、"3試験片の常用対数の最小値と最大値の差が2以下"が規定されております。
生菌数の定量下限の取り扱い洗い出し原液の混釈平板にコロニーが認められない場合、<1として生菌数と各活性値を計算する洗い出し原液の混釈平板のコロニー数が1以下の場合、1として生菌数と抗菌活性値を計算する新JISでは、生菌数の定量下限時の不等号("<"または">")は無くなります。
接種直後で採用される生菌数データ抗菌加工布の接種直後の値が標準布より小さい場合、抗菌活性値の算出には標準布の生菌数データを用いる新JISでは、即効性のある抗菌加工布への対応が追記されております。
試験に用いる細菌黄色ぶどう球菌、肺炎かん菌、MRSA、大腸菌、緑膿菌黄色ぶどう球菌、肺炎かん菌、
試験成立条件を満たす場合、その他の細菌も使用可
新JISでは MRSA、大腸菌、緑膿菌およびモラクセラ菌は"解説"に記載されています。

 なお、繊維製品向け業界標準の抗菌性能基準であるSEKマーク認証基準は重要な改訂内容を含むことから、周知期間を考慮して、平成28年度4月以降の改訂予定となっております。弊財団としましては、以下の通りの対応とさせていただきます。

表2. ご依頼の種類と試験の対応状況
ご依頼の種類試験方法新JIS変更時期
一般向け*1旧JIS平成28年4月以降
SEKマーク認証用旧JIS平成28年4月以降
JNLA対応*2新JIS平成27年7月21日受付以降

注:*1 - ご要望頂ければ新JIS対応は可能です。*2 - 旧JISでのJNLA対応は不可です。

詳細は以下までお問い合わせください。