6月26日(月)から30日(金)までイギリス・ロンドンにて開催されました「ISO TC94 SC14 国際会議」に参加致しました。前回(2016年6月)アメリカ・サウスキャロライナ グリーンビルで行われた会議から1年経過し、今回はイギリス・ロンドンのイギリス規格協会(BSI)にて会議が開催されました。ヨーロッパの各国はもとよりアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、中国など各地域からの参加者が一堂に会しました。

会議会場のイギリス規格協会

ISO TC94は、「個人防護のための防護服及び防護装備」に関して審議を行っているISOの技術委員会(TC)です。今回は、その中の「消防隊員用個人防護装備に関する会議」(SC14)に参加致しました。

TC94 SC14では消防隊員が着装する様々なアイテムに対する安全性を担保するために耐炎性、耐熱性、熱伝達性、機械的強度などについての製品要求を規定しているISO規格の審議を行っています。取り扱っているアイテムは、防火服だけでなく、防火手袋、防火帽、防火靴などと多岐にわたるものについての要求事項を審議しています。

今回のロンドン会議で話題になった主な審議案件は、次の通りです。

  • 防火服着装時の温熱負担を評価するための熱抵抗性試験方法に関する審議
  • 後方支援隊員用防火服に対する性能要求規格の審議
  • Station wearに対する性能要求規格の検討
  • 救助用防護装備に対する性能要求規格の審議

今回の会議では、技術的内容について審議をする最後の機会となったアイテムが複数ありました。これらの規格については、規格発行のための最終段階に進みました。今回の国際会議に参加して、消防隊員用防火装備の製品規格や試験方法規格の追加・変更などに関する最新情報を入手することができました。

消防隊員用防火装備に関する国際規格、製品規格、試験方法に関してのお問合せがございましたら、技術部研究室・辻東京事業所資材ラボまでご連絡下さい。

会議風景