去る2015年6月4日、韓国では「어린이제품안전특별법(日本語訳:子ども製品安全特別法)」が施行されました。
 この新法律は、13歳以下対象のすべての製品に対して安全性を要求する法律であり、安全基準に適合していなければ、販売できません。これは、粗悪な製品が市場に流通することを防ぐためです。この新法律の施行に伴い、13歳以下の子ども用衣料品は、「品質経営及び工産品の安全管理法」ではなく、上記の法律の対象品となりました
 詳細は、以下のPDFをご参照ください。